屋根リフォームとは

屋根リフォームとは

屋根は住宅のもっとも重要な部分の一つです。雨風や紫外線という過酷な環境から、住む人々を守ってくれます。そんな過酷な環境にさらされているので、家でもっとも傷みやすい部分ですが、普段、人目に触れることが少ないため、チェックがおろそかになりがちです。
 
屋根は、その素材により寿命が異なりますが、メンテナンスを定期的に行うことで、寿命を少し引き延ばすことができます。「そろそろ屋根リフォームかな」とお考えの方は、まずはリフォームについて、少し勉強してみましょう。
 
  • 主な屋根リフォーム
屋根リフォームには、大きく「塗り替え」「カバー工法」「葺き替え」の3種類に分けられます。屋根は基本的に素材により耐用年数に違いがあり、
 
スレート: 5年から15年で塗装、葺き替えのローテーション
金属系(ガルバリウム): 10年から15年で塗装、葺き替えのローテーション
セメント瓦: 15年から20年で塗装、葺き替えのローテーション
日本瓦: メンテナンスは不要
 
  • 屋根の塗り替え
屋根の塗り替えは、まだ寿命があり、特に屋根材が傷んでいない状況で効果を発揮します。リフォームと言うよりはメンテナンスといった方がいいかもしれません。塗り替えを行うことで、屋根材を寿命いっぱいフルに活用することができるかもしれません。使用する塗料により、費用や耐用年数に大きく差があります。
 
アクリル系塗料
1缶あたり10000円程度と割安な塗料ですが、耐用年数は短く3年程度です。
 
ウレタン系塗料
ウレタン系塗料も比較的リーズナブルな塗料です。耐用年数は3年から5年程度。
 
シリコン系塗料
アクリルやウレタン系の塗料よりも値段は少し高くなりますが、少し耐用年数は延びます。5年から7年程度。
 
その他
その他にフッ素系塗料や無機、光触媒などの塗料があります。高価ですが耐用年数も長く、10年から15年効果が持続するものもあります。
 
メリット
定期的にメンテナンスすることにより、屋根材の寿命が延びれば、結果的にコストの削減につながります。
デメリット
あくまでもメンテナンスなので、雨漏りなどの根本的な問題がある時には、意味がありません。また塗料により耐用年数に幅があるため、効果が切れると再塗装する必要があります。
 
  • カバー工法
カバー工法は、現存している屋根材の上から新しい屋根材を被せて、きれいに仕上げる工法です。重ね葺きとも呼ばれます。現状の屋根材とは異なる種類の屋根材を被せることも可能。屋根の下に換気口を取り付ける工事を行う必要があります。これは屋根の下に外気を取り入れ、湿気を外に逃がすために行います。カバー工法は大規模な改修作業を短期間で行うことが可能ですが、デメリットもあります。
 
メリット
現在使用中の屋根材の上から新しい屋根材を貼り付けていくため、解体作業がありません。そのため、ゴミがあまり出ないことが特長に挙げられるでしょう。葺き替えと比較すると、時間も費用もかかりません。
 
デメリット
現存している屋根材が傷んでいる場合は、使用することができない工法です。傷んでいる場合は全面的に葺き替え作業が必要になります。もしもアスベストを含むスレート材を使っている場合は、将来的に建てかえの予定があるならば、熟考する必要があります。アスベストの処理費用は将来、今よりも高額になる可能性があります。また、新たな屋根材を重ねて貼っていくため、屋根全体の重量が重くなります。耐震という面では、一概にマイナスとは言えませんが、疑問符は付きます。
 
  • 屋根の葺き替え
葺き替えは、屋根材など屋根全般を新しくする作業です。経年劣化や雨漏りなどで、屋根の傷みがひどい場合に行います。最近は耐震性能の向上を図るために、重い瓦からガルバリウム鋼板の屋根に葺き替える家も増えています。
 
メリット
屋根全体を全く新しくリニューアルしますので、美しさもさることながら、耐久性が向上します。屋根の外観だけではなく、その下地の補修作業、防水シートの交換も行います。遮熱効果がある材料を使うことで、冷暖房効率を挙げることもできるので、トータルで見た場合には、大幅にコストを下げることが見込めます。
 
デメリット
時間とお金がかかります。古いスレート材などはアスベストを含んでいるため、廃棄にもお金がかかります。
 
  • その他の屋根リフォーム
雨樋修理
雨樋に異常があることにより、建物の内部に雨が侵入することがあります。雨樋の修理には足場を組む必要があることも多いので、他の屋根工事も同時に進めた方がいいでしょう。
 
板金交換
主にスレート屋根の場合、屋根の頂上に棟板金があります。この部分が劣化すると隙間から雨水が浸入し、雨漏りの原因となることがあります。
 
補修工事(コーキング、漆喰など)
コーキングはウレタン系やシリコン系の収縮力がある化学物質で、雨漏りやひび割れの原因となっている場所を塞ぐために使用します。漆喰は、日本建築に多く使われる、コーキングと似たような役割をこなす混合物質です。この種の作業はあくまでも補修が目的であり、雨漏りなどの大きな問題が発生している場合には、根本的な解決策にはなりません。
 
屋根の葺き直し
屋根の吹き直しは、葺き替えとは違い、現状の屋根材のずれなどを補正する作業です。場合によっては、部分的に新しい屋根材を使用します。

岡山で屋根塗装・瓦葺き替え・屋根修繕・屋根修理・屋根葺き替え

岡山で火災保険修理・屋根補修

岡山で雨漏り修理

岡山 天窓工事

岡山 雨樋修理